PLTD(長期就業不能所得補償保険)

昨年、ご相談にいらした女性のお話です。

シングルで扶養家族もなく、ご両親もちゃんと自立されていて
彼女が万一の場合も特に困る人がいないにもかかわらず、
なぜか死亡保障に5千万円近くも契約されていました。

「なぜ、こんな高額な死亡保険金を用意される必要があるのですか?」
とお訪ねすると、返ってきたのは意外なお答え。


「心配なのは死んだ時ではなく、障害者となって働けなくなること…」


うーむ、確かに、保険金は死亡時だけでなく、高度障害になったときにも
出ることになっていますね。

国の障害年金や、会社の補償がある程度あるとしても、やはり心もとなく、
シングルとしては、障害で働けなくなる方が死ぬより怖いことかも
しれません。(-_-;)

実際、生活保護の受給開始の理由は、その40%近くが世帯主の病気や
ケガによる所得の減少が原因だというデータもあります。
(国立社会保障・人口問題研究所データ)


しかし、その安心感だけのために、月々高額な保険料を支払うことは
経済的な合理性から言えばもったいない気がします。

特に、この5千万円のうち、4千万円分は定期保険になっており、
数年後には契約更新を迎え、同じ保障をつけようとすれば保険料も
倍近くになってしまうことがわかりました。


この人のニーズにもっと合う保険はないものか…。

そこで見つけてきたのが生命保険ではなく損害保険。

「長期収入サポート保険(Personal Long Term Disability)」
略して「PLTD」です。


この保険は、長期(Long Term )にわたって身体等の障害
(Disability)によって働くことができなくなったとき、所得を
補償するという保険です。
(ただし、ここでいう所得とは、あくまでも勤労所得を指します。
利子や配当所得、不動産所得等の不労所得は補償の対象にはなりません)

つまり、病気やケガで働けなくなったとき、日常生活を維持していく
ための「所得」を長期にわたって(最長65歳まで)補償する保険だと
いうことです。(リストラ時等の失業は補償されません)

日本ではまだひとつの損保会社しか取り扱っていませんが、
アメリカではポピュラーな保険のようです。

掛け捨てですので、その分保険料も安く、30歳で月額20万円の
補償をつけた場合、事務職の方なら3千円余り。

自分で自身を守らなければならないシングルには、普通の死亡保険より
使い勝手がいいのではないでしょうか。


++++++++++++++++++++++++++++

今回ご紹介した金融商品について、もっと詳しいことが知りたいと
いう方は、お気軽にお問い合わせください。


※ここでご紹介した金融商品に関するご相談は、無料にて承ります。


シングルの金融商品目次次ページへトップページに戻る