変額個人年金保険

この保険、簡単に言ってしまうと
・亡くなった時に保険金が出る「生命保険」
・老後に毎年一定額を受けられる「個人年金」
・自分で資産運用を行う「投資信託」が組み合わされた商品です。

つまり、投資信託で資産を運用し、その運用の実績によって年金
解約返戻金などが「変額」する個人年金保険
です。

運用が上手くいけば受け取る年金額が増えますし、運用が失敗すれば
受け取る年金額は減ります。

支払う保険料は、運用原資になりますので、ある程度まとまった金額
(数百万円から)を一時払いというのが一般的です。
(ただし、積み立て式のものも、いくつかあり)


また、短期間で解約した場合、ペナルティ(解約控除)が発生し、
元本割れになることがありますから、すぐに使う予定のあるお金で
購入してはいけません。少なくとも自分のライフプランをある程度
見据えてから購入するべき商品です。

メリットとしては、生命保険料控除が使える、受取までは運用益に
税金がかからないなどの税金面での優遇があります。
さらに、運用中の投資信託を変更する(スイッチング)時の手数料も
一定回数までかかりません。
 
ただし、保険の要素が含まれていることから、通常の運用コストに加えて
積立金額から「保険関係費用」が引かれることになります。
保険会社によってこの費用は異なりますから、きちんと確認することが
大切です。



「運用して自分の年金を作る」ということを考えると、こういった
パック商品を買うよりも、自分で調べて適当な金融商品を選び、
組み合わせたほうが当然コストが低く抑えられます。

私としても、どうしても負担するコストが高いので、今まで
あまり積極的にオススメしてはいませんでした。

ただ、「自分で調べるなんて、そんな時間もないし、めんどう」とか
「多少の手数料をとられてもお任せしたい」というご希望があるのも
確かなこと。

また、運用成績に関わらず、元本(年金原資)を保証するという商品も
現れ、「投資はしたいけど、どうしても元本割れは避けたい」という
わがままなニーズにも対応しています。(もちろんその分手数料は
高くなりますし、あまり大胆な運用はできないようですが…。)

「忙しくて、銀行の定期預金に預けっぱなし。使う予定は無いけど、
投資はわからないし、老後資金は気になるし…。」

という人なら、そろそろ選択肢のひとつに加えてもいいのかもしれません。

より詳しくは 
 →生命保険文化センター・変額個人年金保険 http://tinyurl.com/yt7dep


++++++++++++++++++++++++++++

今回ご紹介した金融商品について、もっと詳しいことが知りたいと
いう方は、お気軽にお問い合わせください


※ここでご紹介した金融商品に関するご相談は、無料にて承ります。


シングルの金融商品目次前ページへ次ページへトップページに戻る